大城北模範地區における文化新ランドマーク

2019-12-19 15:48:34

このほど、「京杭大運河博物院建築概念性設計方案」國際募集専門家審議會が運河の畔ほとりで行われた。

現在、市運河集団は「一流方案計畫、一流文化ランドマーク、一流開放空間、一流文化活動」を目指して大城北模範地區を建設している。大城北模範地區を「中華文明の影響力凝集力感化力を持つ重要な窓口」「我が國の都市有機更新成果の重要な窓口」にしようとしている。模範地區では十大重點模範プロジェクトが行われる計畫がある。最初にスタートしたのは京杭大運河博物院である。

次期都市計畫では、京杭大運河博物院は大城北核心模範地區の中部に位置しており、東は麗水路まで、南は金昌路まで、西は運河まで、北は杭鋼河までである。総敷地面積が5.71ヘクタールとなっている。

文化と旅行が融合した中、市運河集団は高品質文化旅行目的地を目標に、京杭大運河博物院プロジェクトを體験式博物館に建設し、獨特性のあるランドマークにする。

今年8月末、京杭大運河博物院建築概念性設計方案國際募集活動がスタートし、國內外の優秀な設計チームをこのプロジェクトに招いた。現在のところ、以下の巨匠レベルの三つの事務所が各自の設計案を出した。

ヘルツォーク&ド?ムーロン事務所、ザハ?ハディッド事務所、デイヴィッド?チッパーフィールド事務所のデザインを通して未來の京杭大運河博物院の姿を見よう。

ヘルツォーク&ド?ムーロン事務所の設計インスピレーションは大運河の水路から生まれたものである。博物院は山を背に川に臨んでおり、まるで水墨絵の中の一筆のように見える。ここは世の中の春景色、運河の雄壯で美しい景色を楽しむ最高の場所と言えよう。運河の水や川岸の木に、杭州の空や博物院の水晶のようなファサードが照り映えている。

空白となっている部分は都市の新しい空間、新しい景色を意味しており、運河の両岸における雄壯で美しい景色と無限な可能性を喩えている。上部の空中花園と下部の都市客間は多彩な都市空間を創造し、中國夢の文化楽章を作っている。

ザハ?ハディッド事務所の建物形態は歴史建築原型および大運河沿線の工業遺存?景観形態から由來している。そのデザインはまるで獨特の文化と革新生態を載せている船のようで、中國の文化遺産のなかみを伝承しながら、獨特の文化と生態の道を提供している。

こういった外部広場と運河、河畔景観の結合によって、悠々としながら活力にあふれた運河のほとりで人間、芸術及びインターラクティブな展覧品の融合が実現できる。

デイヴィッド?チッパーフィールド事務所の設計インスピレーションは水、石、植物の結合から由來しており、ベニスの建築概念を杭州に取り入れている。そのデザインから見ると、雄大な博物院は運河の上にそびえている。場內の水系と古い大運河の水域によって、博物院は島のように見える。博物院は京杭大運河の南端に位置しており、気迫に満ちており魅力的である。一方、運河の北のほうにある頤和園は深い歴史を有している。このように南北の美が呼応している。

今後、市運河集団は専門家審議會と交流會の成果を踏まえ、積極的に概念性設計案を深くさせる。このように、大運河の歴史変遷、保護伝承、活性化利用などをアピールする総合性博物院が大運河畔にできあがるのだ。


主办:中共杭州市555彩票登录区委员会 555彩票登录区人民政府 Copyright :? 2009-2012 All Rights Reserved.
日本語版の情報とデーターは利用者のご參考に供するのみである。もしご理解に紛れがあれば、すべて中國語版を基準とする。
備案證編號:浙ICP15043779 浙公网安备 33010502000141号 網站標識碼:3301050002 聯系電話:0571-58125001
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统